ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

ADHDでアスペルガー、詫磨一紫の日々徒然

発達障害ADHD+アスペルガーと算数障害、聴覚と視覚に過敏を持つ当事者でwebライター詫磨一紫の日々徒然です。爬虫類とかいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

発達障害公開講座in別府、終了しました!

f:id:writertakuma:20170723182213j:image

本日別府市で「知ってほしい、学んでほしい、一緒に考えてほしい。発達障害公開講座」が行われ、56名もの参加者様に恵まれました。

参加してくださった皆様、本当にお暑い中ありがとうございました!

最初に江藤さんがお話しして、次に一紫がお話しさせていただいたのですが、途中フラッシュバックを起こして号泣するというハプニングが発生しました。お見苦しいところをお見せして申し訳ございませんでした。

過去の話をするというのは結構シンドくて、佐伯の時もフラッシュバックを起こしそうになったのですがなんとか堪えることができました。でも今回はちょっと無理でしたね〜…。

f:id:writertakuma:20170723182248j:image

なんとか持ち直して話を再開。

f:id:writertakuma:20170723182331j:image

江藤さんと話を交えながらも進行しました。

今回の公開講座は「円卓会議」が行われずにちょっとシドロモドロになってしまいました。

円卓会議とは一紫の頭の中で開催される会議のことで、一紫の頭の中で色んな人が色んな意見を出してくれます。

それこそ女性や幼女、男性や老人などいるんですけど、そういった頭の中の人々が一つの議題にたいして色んな意見を出して、まとめてくれるんですね。

いつ、どのタイミングで円卓会議が開催されるか一紫にもコントロールがむずかしく、前回の佐伯での公開講座では円卓会議が行われたのでスムーズにお話ができたのですが、今回はそれがないぶん難しかったですね。課題として今後も練習あるのみです。円卓会議を自由自在に開催できれば鬼に金棒なんですが…。

f:id:writertakuma:20170723182345j:image

江藤さんと話ながら進行。

f:id:writertakuma:20170723182356j:image

最後に質疑応答が行われました。 

発達障害とはっきり診断を受けた方がいいか、また、そのメリットデメリットは何かなど、お応えさせていただきました。

発達障害は十人十色、各人でその特性は違います。

しかし、ADHD など特性の名前をいただけることで、自分の取扱説明書を作りやすくなります。

一紫個人としては、発達障害ではないか?とご自分で考えるのであるならば、病院で診断を受けられた方が良いと思います。

一紫も発達障害だと自覚してからとても生きやすくなりました。自分が苦手なこと、出来ることが自覚できるようになりましたから。

しかし、難しいのは発達障害である自分に嫌悪感を抱いてしまう時です。

もちろん一紫にもそんな時期はありましたが、いつかはすべてを受け止めなければならない瞬間がおとずれます。

受け止めてから全てが始まるんですよね。

 

講演会をしたり、ラジオ出演したり、

新聞の取材をうけたり。

一紫は一見とても明るく発達障害を受け入れて、発達障害を苦にしていないように見られるかもしれません。

しかし、一紫にもそれなりにドス黒い感情が存在します。

普通に生まれてさえいれば、大人になってまでフラッシュバックを起こすような学生生活を送らずに済んだでしょうし、もしかしたら結婚とかしていたかもしれない。

行きたいと思っていた高校にも進めたかもしれない。でも、現実はそうはならなかった。

一紫はもう過ぎ去ったことですが、いま学生生活を送っているこどもたちには同じような思いはして欲しくありません。

もっと自分に優しくあって、のびのびと自由に、自尊感情を傷つけられることなく、自分らしく生きてほしいなと思います。

 

次回は9月17日、中津市公開講座が開かれます。また詳しいことは後日お知らせしますので、中津市近隣の皆様方、どうぞ気軽にご参加なさってください!お待ちしております!

 

発達障害 (文春新書)

発達障害 (文春新書)

 

 

 

無事大分に戻ってまいりました。

f:id:writertakuma:20170719183744j:image

今回の東京はスケジュールぱつぱつで観光はほぼできなかったんですが、日本橋高島屋の開店の様子を見れただけで充分な気がします。気品がありました…。今日のバラの紹介とかするんだぜ…。

東京タワーは見ることはできませんでしたが、スカイツリーは色んなところから見ることができました!

しかし実は今回の東京、かなりグロッキーな状況でして…。初日は眠れず3日目の朝は二日酔いで、夕方は感覚過敏が刺激されてパニック発作一歩手前まで行きました。

思っていたよりも移動は人ごみに襲われず済んだのですが、それでも負荷は強かったです。ヘルプマークは発達障害者には必要だと強く思いました。倒れるかと思いました。

冠地さんと移動中に、西日暮里駅で雹に襲われました!ホームに着いた途端に雹が降りだして、慌てて階段を降りましたが外を移動中だったらとんでもないことになっていたね、と冠地さんや江藤さんと話しました。

大分に戻ってきてたくさんニュースになっているのを見て、やっぱり大ごとだったんだねと思いましたね。

ルミネ池袋で食事を取ったんですが、バーベキューするところ?に雹がたくさん積もっているのを見ました。

f:id:writertakuma:20170719183820j:image

さてと、なんやかんやで成田空港から大分へと戻れましたけど、途中空の上から富士山を見ることができました。初めて見れたので感動でした!

f:id:writertakuma:20170719183830j:image

大分に戻ってきてのんびり食事。

大分の人の少なさに安心です…。

f:id:writertakuma:20170719183836j:image

途中体調不良などもありましたが、大変有意義な時間を過ごすことができました。

また東京行きの話があるのですが、次は感覚過敏対策をしっかりして行きたいと思います。

CWAVEさんのラジオ番組に出演させていただきました

北千住から世界に発信、CWAVEさんがお送りする番組「和音(わいん)&こどもど真ん中プロジェクト(インターネットラジオ放送)」に出演させていただきました。

f:id:writertakuma:20170719183501j:image

一紫は「ADHDの学生生活」と題してお話しさせていただきました。給食を食べられなかったこと、忘れ物が多かったこと、定期的に学校サボっていたことなどお話ししました。

とても話しやすい環境を作ってくださりありがたかったです。終始アットホームな雰囲気でした。

f:id:writertakuma:20170719183522j:image

江藤さんは主にお子さんのお話をされました。障害特性が違うお子さんを2人持つ江藤さんのお話はいつも参考になります。

f:id:writertakuma:20170719183540j:image

冠地さんは「コミュニケーションの幻想が生み出す生きづらさ」と題してお話しされました。冠地さんは今回もパワフルにお話しされていましたよ!

 f:id:writertakuma:20170719183603j:image

最後に記念撮影しました!

録画放送はこちらになります。

 

発達障害当事者フォーラムに参加してまいりました。

f:id:writertakuma:20170719183053j:image

7月17日東京都北区王子1丁目北とぴあで開催された「発達障害当事者フォーラム」に参加してまいりました。関東で活動されている当事者会のみなさんが一堂に会し、いろんな話を聞くことができ大変有意義な時間を過ごすことができました。

まず、衆議院議員の先生方からのご挨拶があり、国も人口の1割近くいるという発達障害者への支援に前向きであると分かりました。

f:id:writertakuma:20170719183116j:image

まず「発達障害者当事者同士の活動支援の在り方」調査報告会が行われました。当事者が安心して語れる場が必要というのは全国的に必要なことだと思いました。

関東では男性の当事者会の利用が多いようですね。大分では女性が多いのですが、地域差もあるのだなと思いました。

f:id:writertakuma:20170719183142j:image

f:id:writertakuma:20170719183203j:image

次に「発達障害者当事者同士の活動を考える」フォーラムが行われ、関東で活動されている当事者会の代表のみなさんの意見を聞くことができました。

当事者会が抱える問題、運営の工夫やコツ、モチベーションをどう保つか、当事者に必要な支援などを聞くことができました。

f:id:writertakuma:20170719183031j:image

会場から見たスカイツリー

f:id:writertakuma:20170719183244j:image

フォーラムが終わってから打ち上げに参加させてもらいました。東京限定のお酒を手に持つ江藤さん。

f:id:writertakuma:20170719183313j:image

食事もとても美味しかったです。でも飲みすぎて若干やり過ぎました。申し訳ございません…。楽しかった…。

全体的にとても有意義なフォーラムだったと思います。大分での状況に通じるものがあるし、自分と同じ意見を持つ人がいることが分かったことも良かったです。

当事者と支援センターの意識の差があるという意見も同じですし、これから変えていかなければならない部分は多いなという感じです。

しかし成田空港で止まったカプセルホテルの空調の音とBGMの波の音が聴覚過敏を刺激してほとんど眠れてない状況での参加でしたので体力的にはしんどかったです。

この日はお酒の力もあってアパホテルでゆっくり眠ることができたのですが、もっとシンドイ目にあうとはまだ想像していなかったという…。

あと少し取材を受けましたのでいつかどこかで名前が出ると思います。

 

つづく。 

たまには何事もなく写真を投下してみる

f:id:writertakuma:20170709084725j:image

f:id:writertakuma:20170709084614j:image

f:id:writertakuma:20170709084607j:image

 f:id:writertakuma:20170709084633j:image

f:id:writertakuma:20170709084645j:image

f:id:writertakuma:20170709084705j:image

 f:id:writertakuma:20170709084744j:image

f:id:writertakuma:20170709084808j:image

うちの家カエルむっちゃ多いんですよ。

ほっとはーとOITAで一紫が少しだけでました。

ほっとはーと大分 - YouTube

地元大分に根付いた活動をするNPOを紹介するという企画に、一紫が所属するNPO法人共に生きるが紹介されました。

代表の江藤さんを中心に撮影が行われ、一紫も少し取材を受けました。上のリンク先にCMがあります。

f:id:writertakuma:20170708105351p:image

真面目な顔してますねー(笑)

もうすぐ放送ですのでここからは放送を見た感想を書いていこうと思います。

f:id:writertakuma:20170708182532j:image

イラストを担当しているということでご紹介いただきました。アイパッドで絵を描いてるところを撮影しました。

f:id:writertakuma:20170708182631j:image

 メディバンで描いてることがバレバレなアルパカスタンプ

f:id:writertakuma:20170708182713j:image

あとは普通に発達障害についてインタビューを受けました。案外自分の声が高いことに驚きました。

抑揚がはっきりしてないので聞き取りにくかったのではと次への課題を発見。ラジオ近いからね。

f:id:writertakuma:20170708182831j:image

質問が分かりやすくて答えやすかったです!

発達障害かもしれない…

発達障害だけどどこに相談したら良いのかわからんない…という方に、NPO法人共に生きるの存在が伝わったらな、と思います。

自己肯定って難しいよと悩んでいる方もいるかもしれませんが、他の人の話を聞くだけでヒントになったりもしますから、是非気軽に足を運んでいただけたらなと思います。

次の当事者会は8/6の日曜日、コンパルホール2階の男女共同参画センターです。

 

人付き合いが苦手なのは アスペルガー症候群のせいでした。 (コミックエッセイ)

人付き合いが苦手なのは アスペルガー症候群のせいでした。 (コミックエッセイ)

 

 

 

無事です

f:id:writertakuma:20170706212707j:image

大分県が大雨災害にさらされましたが、幸いにも一紫の住む地域は大雨と雷だけで済みました。

被災された方には1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

すぐ近くまで避難指示が出て、携帯のアラームが何度か鳴って、少し怖い思いをしました。

道を走れば九州電力の車がサイレン鳴らしながら走ってるし、とにかく雷がすごくてすごくて。

まだ雨が降るようですが、もう雨はいいよ…。ホントに勘弁です。

 

こういう災害時、避難しなければなりませんが我ら発達障害者や自閉症者には避難先が困難だったりします。

一紫は幸いにも今までの人生で避難生活を強いられたことはありませんが、

たくさんの人の中で過ごさなきゃならない生活とか考えただけだゾッとします。

刺激の多い生活だとパニックに陥るかもしれませんし、パニックを起こした時の周りの反応とか想像すると怖いとしか言いようがありません。

発達障害者や自閉症者向けの避難施設や応対があるといいんですが、多分認識すらされてないと思う。

見た目が普通の発達障害は色々と後回しにされがちですが、集団生活の負荷は凄まじいものがあるので認識されて欲しいなと思いますね。

苦しくなって、ホントに寝込んでしまいますから。寝込むどころかパニック起こしたら最低ですよホント…。

啓発が必要です。